WiMAXを徹底比較

WiMAX比較完全ガイド

プロバイダ比較

カシモ WiMAXの口コミ評判を徹底調査!月額料金が1,380円~という劇的な安さに注意すべきポイントがあり!

投稿日:

月額料金が1,380円~という劇的な安さが目を引くカシモWiMAXですが、実際にはどうなんでしょうか?

運営している会社の情報から選べる端末まで、しっかりと理解してカシモWiMAXが自分に合っているのか確認してみてください。

カシモWiMAXとは?

概要

カシモ WiMAXの基本情報
運営会社 株式会社MEモバイル
月額料金 最安1,380円~
違約金(最低) 0円(契約更新月)
違約金(最高) 19,000円(0~12ヶ月目)
支払い方法 クレジットカードのみ
初期費用(事務手数料) 3,000円
開通までにかかる日数 最短翌日配送
最大下り速度 708Mbps
契約プラン ギガ放題orライトプラン

カシモWiMAXを運営する株式会社MEモバイルは、2016年設立の比較的新しい会社ですが、親会社は株式会社マーケットエンタープライズという上場企業なので比較的安心感があります。WiMAXはどこも大きな会社の子会社が運営していることが多いので、カシモWiMAXのように新しい会社であってもそこまで心配する必要はありません。

特徴

  • 圧倒的な月額料金の安さ(月額1,380円~)
  • キャッシュバックではなく月額料金で還元
  • 古い端末を選択できる

カシモWiMAX最大の特徴は、なんと言っても月額1,380円~という安さです。他社WiMAXはどれだけ安くても2,000円を切ることがない中で、1,000円台前半を実現しています。この1,380円は初月だけで、以降は2,680円に上がるのですが、それでも他社に引けを取らない十分な安さです。

多くのWiMAXでは高額なキャッシュバックによって、トータルの料金を抑える方法をとっていますが、カシモWiMAXは月額料金だけを安くしています。キャッシュバックを受け取り忘れると割高な契約になってしまうので、月額料金の安さに特化したカシモWiMAXはリスクが低い安定感のあるWiMAXと言えるでしょう。

カシモWiMAXの安さは、少し古めの端末を利用することによって実現できています。もちろん最新機種に比べれば多少性能が落ちますが、一般的なユーザーであれば気付かない程度です。他社WiMAXでは基本的に最新機種しか選べないので、最新機種にこだわらず少しでも安く使いたい方にとってカシモWiMAXは貴重な存在です。

注意点

  • 解約は電話のみ
  • 25ヶ月目以降は月額料金が高くなる

解約方法は電話だけなので、電話が苦手でネットからの解約じゃないと困るという方にはハードルが高くなっています。ネットからの解約に対応していないWiMAXは他にもあるので、大きなデメリットとは言い切れません。

他社WiMAXでも同様なことが言えますが、契約期間が満了になる25ヶ月目以降は月額料金が700円ほど一気に上がります。そのため、キッチリと24ヶ月で解約して他社に乗り換えるのが得策です。

カシモ WiMAXの料金・スペックは

速度

最大通信速度(メーカー公表値)
下り 708Mbps
上り 30Mbps

カシモWiMAXの最大通信速度708Mbpsは、かなり速い部類です。ただし、他社WiMAXでも同様の速度を実現しているところが多いので強いメリットは言えません。

料金

  • ギガ放題プラン:毎月どれだけ通信量を使っても通信速度制限無し
  • ライトプラン:月の通信量が7GBを超えると通信速度制限有り

料金は、通信量と端末の種類によって差が出てきます。通信量が多いと月額料金が高く、端末が新しいほうが高くなる傾向にあります。一番安いプランと一番高いプランには、約900の差がありますので、自分に合ったプランを選んでみてください。

旧型端末の月額料金早見表
プラン 1~2ヶ月目 3~24ヶ月目 25ヶ月目以降 24ヶ月間総額 月額平均
ギガ放題プラン 1,380円 3,380円 4,079円 77,120円 3,213円
ライトプラン 1,380円 2,680円 3,379円 61,720円 2,572円
新型端末の月額料金早見表
プラン 1ヶ月目 2~24ヶ月目 25ヶ月目以降 24ヶ月間総額 月額平均
ギガ放題プラン 1,380円 3,580円 4,079円 83,720円 3,488円
ライトプラン 1,380円 2,980円 3,379円 69,920円 2,913円

違約金

違約金早見表
解約月 違約金
1カ月目~12カ月目 19,000円
13カ月目~24カ月目 14,000円
25カ月目 0円 (更新月)
26カ月目~ 9,500円

カシモWiMAXの違約金は、契約プランや購入する端末に関係なく全て同じです。違約金が発生しないタイミングは、25ヶ月目・49ヶ月目…となります。違約金が発生するタイミングで解約をしたくなった場合には、乗り換え前に使っていたWiMAXの違約金を負担してくれるBroad WiMAXなどを検討してみてください。

カシモWiMAXのプラン比較

新端末と旧端末の比較

端末の種類 主な用途 発売年 最大通信速度 最安月額料金(24ヶ月平均)
Triprouter 持ち運び・パソコン用 2017年2月 220Mbps 2,572円
W05 持ち運び用 2018年1月 758Mbps 2,913円
L01s 据え置き用 2017年12月 440Mbps

カシモWiMAXで購入できる端末は、2017年初頭に発売された「Triprouter」、2017年の終わりから2018年初頭に発売された「W05」と「L01s」の3種類あります。ここでは、比較的古いTriprouterを旧端末、新しいW05とL01sを新端末として説明します。

新型と旧型どちらも料金は無料ですが、選んだ端末によって月額料金が変わってきます。ただし、それほど大きな金額差はありませんので、基本的には個人の好みで選んでOKです。

WiMAXを使うのが初めてで何を選んだらいいのか分からないという方は、新端末のどちらかを選びましょう。新型の方が通信速度が速いし、接続の安定感もあります。あとは持ち運ぶならW05、自宅で据え置き用として使うのならL01sに決めましょう。

しかし、Triprouterも全然ダメというわけではありません。TriprouterはノートパソコンとUSB接続ができるので、パソコン作業のためにWiMAXを利用する方には良い選択かもしれません。

W05は端末からパソコンまで電波で接続しますが、Triprouterは端末とパソコンをUSBで有線接続できます。無線接続よりも有線接続の方が効率が良いので、速度が多少上がるし接続が切れることも少なくなります。

W05も別売りのクレードルを購入すれば有線LANで接続可能ですが、使用頻度が非常に低いLANケーブルを持ち運ぶ人はかなり少ないので、優先LAN接続は現実的とは言えません。

無制限と7Gプランの違い

プラン名 最安月額料金(24ヶ月平均) こんな人にオススメ
ギガ放題 3,213円 動画・インスタグラムを頻繁に見る人
ライトプラン 2,572円 スマホの通信制限対策として持つ人

ギガ放題プランとライトプランは、月額料金にそこまで大きな差が無いので、迷っている方にはギガ放題プランをオススメします。

2つのプランには、月額料金で700円程度しか違いがありません。ファーストフードなどの安い外食を月に一度我慢する程度の金額で、通信量を気にしなくて良い生活が手に入るならお得だと思いませんか?

ただ、通信量に制限が無いギガ放題プランであっても3日間で10GBを超えると、最大通信速度が1Mbpsになる速度制限が発生します。1Mbpsは動画視聴に支障が無い程度の速度ですが、普段の速い通信に慣れている方は遅く感じてしまう可能性があるので注意してください。

カシモWiMAXのメリット・デメリットまとめ

メリット

  • 全体的にシンプルな契約プラン
  • 料金が安い
  • キャッシュバック受け取り忘れの心配が無い

カシモWiMAXは全体的にシンプルな料金体系です。それに対して他社WiMAXは、受け取り忘れが発生しやすいキャッシュバックや、特定のキャンペーンコードを入力しないと安い料金にならないといった、分かりにくい状況が多くなっています。誰でも安さの恩恵を受けられるのがカシモWiMAX最大のメリットと言えるでしょう。

デメリット

  • 最新の端末が使えない
  • 解約方法が電話のみ

カシモWiMAXは、最新の端末であるWX05が選べないことがデメリットだと言われますが、1世代前のW05と比較してそれほど大きな進化は無いので気にならないレベルです。むしろW05の方が最大通信速度が速いので、無理に最新機種のWX05を欲しがる必要も無いでしょう。

ただ、解約に関しては是非とも改善して欲しいというのが本音です。解約方法が電話だけなのは我慢できるとして、受付時間が10:00~19:00では仕事の終わりが深夜の人だと解約が難しいかもしれません。

電話番号がホームページの分かりにくい場所に書いてあるのも問題ですし、解約には結構時間がかかるのでフリーダイヤルじゃない(03-6693-0480)のもかなり痛いです。そして受付時間は書いてありますが、土日も対応しているのか書いてない点もいただけません。

カシモWiMAXの口コミ

いい口コミ

カシモWiMAXは、2年契約という比較的身近な契約年数が評価されています。ネット関係の進化は非常に速く契約当初は最新でも、3年間経つ頃には時代遅れになっていることも多いです。そのため、少しでも契約年数が短いほうが最新の回線に乗り換えられるのでオススメです。

公式サイトでは強く主張していませんでしたが、ネット申込みの翌日には端末が自宅に届き、インターネットに接続できたという口コミを多く発見しました。実店舗を持つ他社WiMAXでは、当日開通を推していることが多いですが、カシモWiMAXのように翌日開通でも十分に早いですよね。

悪い口コミ

念入りに探してみたのですが、カシモWiMAXの悪い口コミは発見できませんでした。まだサービスが始まってから日が浅いこともあり、解約絡みの口コミが無いので、まだ未知数といったところでしょう。

ただし、開通の早さ・料金・繋がり具合においても悪い口コミが見られなかったので、実際に使っているユーザーの満足度はかなり高いことが分かります。

カシモWiMAXの契約の流れ

契約から利用開始までの大きな流れは下記のようになっています。

  1. エリア判定の確認
  2. ネットor電話or実店舗で申し込み手続き
  3. 端末受け取り
  4. 初期設定
  5. 利用開始

2番目の「ネットor電話or実店舗で申し込み手続き」が少しだけ難しいので、詳しく解説します。(電話・実店舗での申し込み手続きは、オペレーターや店員さんとのやり取りなので省略します)

  1. 申し込み区分を選択(個人or法人)
  2. 端末とプランを選択
  3. 充電器の有無を選択
  4. クレードルの有無を選択
  5. オプションサービスを選択
  6. 個人情報を入力
  7. 約款・利用規約・重要事項説明・端末返還特約への同意
  8. 契約内容の確認
  9. 支払い情報を入力(クレジットカード情報)
  10. 申込み完了

はじめてWiMAXを使う人だと、何を選択したらいいのか分からない項目をピックアップして解説します。

2.端末とプランを選択

端末の選び方について詳しく知りたい方は、「新端末と旧端末の比較」の項目をチェックしてみてください。ざっくり言うと、スマホメインの方はW05、自宅で据え置き用として使いたい方はL01s、ノートパソコンでUSB接続したい方はTriprouterを選ぶのがオススメです。端末の色によって性能の差は無いので、好みの色を選びましょう。

料金プランについては、「無制限と7Gプランの違い」を読んでもらえると理解が深まります。ざっくり言うと、動画やインスタグラムを楽しむ方はギガ放題プランがオススメ、もしもの時用として一応持っておくという方はライトプランでも十分、といったところです。

3.充電器の有無を選択

スマホメインの方にオススメな端末「W05」は、USB Type-cという比較的新しい規格のUSBで充電を行います。既にケーブルを持っている人は必要ありませんが、持っていない人はBroad WiMAXか家電量販店で購入しましょう。

4.クレードルの有無を選択

クレードルは機能を持った端末用の充電スタンドのことで、スマホやPCに飛ばす電波を強くしてくれたり、電波の受信感度をアップしてくれる機能を持ったものもあります。WiMAXの端末を常に身近に置いておく人はそこまで必要ありませんが、部屋数が複数ある間取りの場合はあったほうが良いでしょう。

5.オプションサービスを選択

カシモWiMAXには「安心サポート」というオプションサービスがあります。安心サポートは、端末が故障した際に無償で修理を受けられるというサービスです。他社WiMAXでは「◯◯円以内までは無償修理」などとかかれていますが、カシモWiMAXは制限が無いのが特徴です。

ただし、高い場所から落としてしまったなど外部損傷、水濡れ、原型を留めていないレベルの全損は補償対象外となっています。WiMAXの故障で最も多い水濡れに対応していませんので、基本的には入らなくて良いかと思います。

まとめ

  • キャッシュバックではなく月額料金でトータルの金額を抑えている
  • 料金プランがシンプルで分かりやすい
  • 端末が最新じゃない、解約方法が電話だけなのが難点

WiMAXはキャッシュバックの受け取り期間が短かったり、割引の種類が多すぎて結局どれだけ安いのか分かりずらかったり、初めて使う人にとって難しいことが多いです。カシモWiMAXは、全体的にシンプルで分かりやすい料金体系になっているので、無駄なオプションを付けてしまうといった損をしにくいのが嬉しいポイント!

本当に最速のWiMAXが欲しい人は最新の端末が必要ですが、普通の使い方であればカシモWiMAXの少し古いでも問題ありません。解約方法が電話だけなので電話が苦手な人にはツラいかもしれませんが、そこだけ頑張れればかなり優しいWiMAXと言えます。

-プロバイダ比較
-, ,

Copyright© WiMAX比較完全ガイド , 2018 All Rights Reserved.